TOPページに戻る

地域福祉・小地域活動推進事業

「地域福祉」とは、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らせるよう、地域に住む人たちをはじめとした様々な活動主体(市民、市民活動団体、事業者等)が支え合い、協働して進めていく、地域づくりの取組です。
地域福祉を推進するためには、適切な行政施策(公助※1)と支え合う地域の力(自助※2・互助※3・共助※4)による協働の取組が基本となります。

※1公助:福祉制度等、自助・互助・共助では十分な対応ができない場合に主に税負担により提供されるサービス
※2自助:自らの活動により、自らの生活や健康を維持すること
※3互助:隣近所や自治会などの小さな地域コミュニティ単位で互いに力を合わせて助け合うこと
※4共助:互助を含み、医療保険や介護保険等の社会保険を介して提供されるサービス

参考
全国社会福祉協議会ホームページ「地域福祉について」

委員会

小地域の組織化、小地域ごとの福祉活動を活発化するため、委員会を開催して、これからの方向性を住民参加型で考えていきます。

第2次鶴ヶ島市地域福祉活動計画策定委員会

要綱
鶴ヶ島市地域福祉計画と合同で策定しています。鶴ヶ島市のホームページ

小地域活動推進員会

(平成24年~26年)報告書

小地域活動あり方検討委員会

(平成21年~平成23年)報告書

小地域組織化推進事業

地域支え合い協議会 鶴ヶ島市ホームページ
社会福祉協議会では、市内6つの地域支え合い協議会の活動を支援しています。また、協働して、地域福祉を推進しています。
構想図

ふれあい・いきいきサロン推進事業

鶴ヶ島市内を拠点とするふれあい・いきいきサロンを応援しています。
サロン活動の設立や共同募金配分金を活用した助成金交付等の支援を行っています。
ふれあい・いきいきサロンのページヘ